海洋深層水ってなんですか?なにがお肌に良いの?│【最初にコチラをお読みください】 #1

海と化粧品ボトル

 私たちが基礎化粧品のベース素材として注目している海洋深層水というお水。

っていうか、
そもそも、海洋深層水 ってなんですか? って感じですよね。

 普通に生活していたら、おそらく使わない言葉ですし、夏の海でバカンスを楽しんでいる時も、海沿いをドライブしている時も、「あの海の深いところに海洋深層水が有るんだ」なぁ~んて思わないですもんね。

 通常、水深200m以上の深海にある海水を海洋深層水と呼んでいます。

室戸岬の海洋深層水は太平洋北部のアラスカ付近から深海層へ潜り込み、なんと!水深約1000メートルの太平洋の深海を流れて日本近海までやってくるんです!

海洋深層水の流路図

深海とは?│天然ミネラルが豊富な海

 さて、深海とはいったいどういう世界なのでしょうか?

200メートル以上の海中にはもちろん、1000メートルの深海ですから、太陽の光は全く届きません。

真っ暗闇です。

真っ暗闇ですから、海中の植物プランクトンなどは光合成が出来ないんです。すると、植物プランクトンの栄養素である無機塩類が消費されずミネラル分が豊富に含まれる海水が生まれます。

そうなんです!太陽の光も全く届かない深海をゆっくりと流れている海洋深層水には、天然のミネラル成分がたっぷりと含まれていて、室戸岬の海面に近い海水と比較しても10~30倍の濃度の栄養素が確認されているんです。

 お肌の栄養である天然ミネラル成分をたっぷりと含む海洋深層水は、ふだん海水浴などで私たちが触れている海水とはまったく違うものなんです。

それが、私たちが海洋深層水に注目した点の1つになります。

*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

そして、次回は海洋深層水とお肌の関係についてです。

タイトルとURLをコピーしました